100切りするためには、ドライバーよりもアプローチやパットの練習が大切

No Comments

アプローチショット

ドライバーがスライスしてしまう原因としては、スイングをする前とインパクトの瞬間にフェースの向きがずれてスライスになってしまうことが多いです。

ドライバーはアイアンと違って、ちょっとでも体の軸がずれると大きくスライスをしてしまい、OBになってしまうことがあります。

初めからオープンスタンスになっていると、目標とは違う方向に飛んでしまうので、打つ前に体の正面とヘッドが直角になるように合わせることが重要です。

スイングをして戻ってきた時にヘッドが合わせた所よりずれると、スライスをしてしまうことがあるので、体の軸がぶれないように感覚を身に着けることが大事です。

アプローチでトップしない方法は、スイングをする時に手首を使いすぎている場合が多いです。

練習方法としては、7番アイアンを持って左手は使わず右手だけでスイングをしてみると良いです。手首を使いすぎると、どうしても軸がぶれてしまい、インパクトの所で正確にボールの位置に戻ってきません。右手で練習をすることで手首の使い方もマスター出来るので、無理な動かし方はできないはずです。

逆目のラフは、芝の深さによって難易度が変わってきます。はじめにフェアウエイよりも距離が落ちることを想定しておくことが大事です。

逆目のラフでの打ち方としては、順目のラフと比べて、スイングをした時の抵抗力が大きくなることから、芝に負けないように体全体でスイングをすることが大切です。

ラフの中に沈んでいる時は、ボールをアイアンで打ち込んで、高く上げるような感覚でスイングすることです。また、ボールが芝によって浮いている状態の時には、ボールを転がす感じでラフから出すといいです。

100切りにおいてものすごく大切なのがグリーンでのパッティングです。とくに初心者は3パットを連発してしまいますよね。

3パットしない方法としては、グリーンに乗ってからファーストパットでいかにカップに寄せられるかと言うことです。

1パット目で1メートル以内に寄せることが出来れば、3パットをする確率も格段に減るかと思います。

グリーンの芝は、グリーンに乗った所からのラインが個々に違いますので、スライスなのかフックするのかまっすぐかを見極めるコツが必要になってきます。キャディーさんがいる場合には、聞いてみると的確にグリーンの傾斜を教えてくれますよ。

スコアアップの大切なポイントであるアプローチ

No Comments

100が切れるか切れないかはアプローチも大切なポイントです。

初心者のうちはドライバーの飛距離もなくパーオン率が低いので、尚更のこと3打目のアプローチがスコアにひびきます。

わかりきった事ですが、どこまでピンに近づけられるかがポイント!

ゴルフ練習場で、沢山のボールを打つ練習も大切ですが、狙ったところにいろんな種類のボールを打つ練習がおススメです。

友達や家族で一緒に練習場にいけるなら、ゲーム感覚で50ヤード先の籠に先に入れた方が勝ち。負けたら自販機のジュースをプレゼント。みたいな、ちょっとプレッシャーがかかって、ドキドキする練習がいいと思います。

架空の池やバンカーを想定したり、ランニングアプローチや上からピタリと止めるアプローチなど、引き出しは沢山あった方が、本場にも役に立つので楽しくできるはずです。

ただ、練習場は下がマットでダフっても滑ってそのままクラブが抜けてしうので、時間があればショートコースに出て練習するのも効果があります。

実践的で色んなシチュエーションが体験できて、自信にも繋がりますよ。場所にもよりますが、低価格で18ホールまわり放題のところもあるので、とことこん練習するにはオススメです。

始めはラウンドするゴルフ場に気持ちが負けてドキドキしてしまいますが、たくさんラウンドすると慣れてきますし、だんだんと楽しくなりますよ^^

ドライバーで飛ばすのは爽快で気持ちが良いかもしれませんが、スコアアップのためには50ヤード前後のアプローチに重点を置いて練習するのが効果的です。

基礎をとにかくマスターすることからはじめよう

No Comments

ゴルフだけに限らずどんなスポーツでも一緒ですが、成績が上がらない原因は基礎がしっかりとしていないからというのがあると思います。

子供たちが好きな選手をマネして上達していくように、私達もマネをしなくてはなりません。

マネをするということである程度までの成果が出るので、世界のトップになりたいという人以外は、好きな選手や体格の似た選手をマネるということが大事です。

定点カメラを置き、自分のスイングフォームを確認してください。自分のフォームがいかに崩れていたり、バラバラなフォームかということがわかると思います。

なので、理想とする選手や体格の似た選手のフォームの形だけを完璧にマスターする気持ちで、ひたすらフォームの安定を重視してみてください。

ボールはしばらく打つこともなく、フォームの安定を目指す。録画して、毎回同じスイングを出来ているか確認する。

ゴルフはうまい選手ほどフォームがキレイですよね?野球なんかと違って、止まっているボールを打つものなので、オリジナルのスイングや、スイングの変化は必要なくて、むしろ変化してしまったらいけないわけです。

なので、毎回同じスイングができるということがない限り、同じ方向に飛ばす、同じ距離を飛ばすということが出来ないわけですから、スコアは悪くなります。

ひたすらスイングを安定させる。それだけで驚くほどのスコアが出る場合もあります。同じスイングが出来るようになるまでひたすら地味なスイング練習をしつづけることが大切です。

このサイトでは色々なレッスン方法を紹介していきますので、参考にしてくださいね。

Categories: 未分類

スコア100切りを目指す中年ゴルファーのマサルです

No Comments

はじめまして。40代後半のサラリーマンをしているマサルと申します。

このブログでは、ゴルフ歴が20年以上ありながら万年100叩きのダメダメゴルファーが、100切りを目指すにはどうしたら良いのか?

その方法をつづっていきたいと考えています。

ゴルフ練習場には週1回、ゴルフコースへのラウンドは月に2回は行ってます。でも、いちども100を切ったことが無いんですよね。よくても101!あと2打で100切りできるスコアは出たことがあるんですが、100は切れない・・・

ドライバーがスライスしちゃって意識すると今度はフックになったり、目の前に池があると腕に力が入って池ポチャだし。

グリーン周りのアプローチはトップしたりザックリしたりで行ったり来たり・・・

そんな僕ですが、ゴルフは大好きなのでこれからも続けていきたいですし、なるべく早く100切りをしたいと思います。

ゴルフもこのブログも頑張りますので、よろしくお願いします。

Categories: 未分類