カテゴリー: アイアンの打ち方

ラウンドではアドレスの状態とボールの位置を把握しよう!

No Comments

ラウンド中に急にボールに当たらなくなるときがあります。
スライスしか出ない人がフックを打ったり、ダフったり、トップしたり・・・。

こんな時は、まず以下の点をチェックしましょう。

1.「上がり」はフック、「下がり」はスライスと覚えよう

河川敷のような平坦なコースでは問題になりませんが、通常行くコースは多少なりともでこぼこがあるため、体も斜めの状態で打つことが多くなります。

左足下がりやつま先上がりといった状態ですね。このとき、どちらの球が出やすくなるか、ラウンド中に思い出せますか?

こんなときのために、「上がり」はフック、「下がり」はスライスと覚えましょう。

左足上がり・つま先上がりはフックが出やすく、左足下がり・つま先下がりはスライスの球が出やすくなります。
ラウンド中にこれを思い出すことで、出玉を予想しスタンスの方向を調整することで大叩きを防ぐことが出来ます。

2.ボールの位置は素振りで確認しよう

フック、スライスの対処が出来たら、次はダフリとトップ対策をしましょう。
効果があるのが、「素振りをしたとき、クラブが芝とこすれたところにボールがくるようにアドレスする」というもの。

ラウンド中に急にダフリ出したり、トップが出始めても原因はすぐにはわかりません。
それでも何とかいい形でラウンドしたい。そのためには、とにかくボールにそこそこ当たって欲しいわけです。

こんな時は素振りで芝がこすれるところにボールをセットして、後はいつも通りスイングしましょう。これだけでその日のラウンドは何とかまとまることが多くなります。

コツは、芝のこすれる位置を把握しやすいように、ボールより少し自分よりの位置にクラブをセットして素振りします。芝のこすれる位置を目で追って確認し、こすれた位置にボールが来るようにアドレスしましょう。

以上2点に注意して、是非試してみてください。きっと効果がありますよ。