タグ: アプローチ

100切りするためには、ドライバーよりもアプローチやパットの練習が大切

No Comments

アプローチショット

ドライバーがスライスしてしまう原因としては、スイングをする前とインパクトの瞬間にフェースの向きがずれてスライスになってしまうことが多いです。

ドライバーはアイアンと違って、ちょっとでも体の軸がずれると大きくスライスをしてしまい、OBになってしまうことがあります。

初めからオープンスタンスになっていると、目標とは違う方向に飛んでしまうので、打つ前に体の正面とヘッドが直角になるように合わせることが重要です。

スイングをして戻ってきた時にヘッドが合わせた所よりずれると、スライスをしてしまうことがあるので、体の軸がぶれないように感覚を身に着けることが大事です。

アプローチでトップしない方法は、スイングをする時に手首を使いすぎている場合が多いです。

練習方法としては、7番アイアンを持って左手は使わず右手だけでスイングをしてみると良いです。手首を使いすぎると、どうしても軸がぶれてしまい、インパクトの所で正確にボールの位置に戻ってきません。右手で練習をすることで手首の使い方もマスター出来るので、無理な動かし方はできないはずです。

逆目のラフは、芝の深さによって難易度が変わってきます。はじめにフェアウエイよりも距離が落ちることを想定しておくことが大事です。

逆目のラフでの打ち方としては、順目のラフと比べて、スイングをした時の抵抗力が大きくなることから、芝に負けないように体全体でスイングをすることが大切です。

ラフの中に沈んでいる時は、ボールをアイアンで打ち込んで、高く上げるような感覚でスイングすることです。また、ボールが芝によって浮いている状態の時には、ボールを転がす感じでラフから出すといいです。

100切りにおいてものすごく大切なのがグリーンでのパッティングです。とくに初心者は3パットを連発してしまいますよね。

3パットしない方法としては、グリーンに乗ってからファーストパットでいかにカップに寄せられるかと言うことです。

1パット目で1メートル以内に寄せることが出来れば、3パットをする確率も格段に減るかと思います。

グリーンの芝は、グリーンに乗った所からのラインが個々に違いますので、スライスなのかフックするのかまっすぐかを見極めるコツが必要になってきます。キャディーさんがいる場合には、聞いてみると的確にグリーンの傾斜を教えてくれますよ。